fc2ブログ
コンテントヘッダー

「3.11同時多発人口地震テロ」

 リチャード・コシミズの「3.11同時多発人工地震テロ」を読み終えたので感想を。

 彼を知らない人もたくさんいると思うので、一応リンク先。

→http://richardkoshimizu.at.webry.info/

 おそらくこの本だけを読んでも、「なぜそれが金融ユダヤに結び付くのかわからん」という感想しか持てないと思うので、別の書籍かブログをある程度読むことをお薦めする。それなりに他のテキストを読んでいる俺でも、「イマイチわからん」ということが多かった。

<内容の紹介>

 まず、これは、小説の形態を取っている。
 主な内容を紹介しよう。

〇今回の地震は、自然に起きたものではなく、人口で起こされたものである。
〇それは、通常の地震と地震波のグラフが異なっており、最初に高い波形がきているからである。
〇犯人は、デービット・ロックフェラーを筆頭とする金融ユダヤ人達(「世界ゴロ付き協会」と命名」
〇狙いは、最終的には、極東において戦争を起こし、ハイパーインフレを発生させ、軍産複合体の延命を図ること。

 かーなーりはしょるとこんな感じだ。
 あ、あと、

〇福島原発は地震で壊れたのではなく、「純粋水爆」という核兵器により人為的に破壊されたもの。
〇現在の放射能は、福島原発からではなく、人口地震を引き起こすために用いられた核兵器によるもののため。福島原発の大騒動は、偽装。

 ということもあった。
 北海道に住んでいるので、地震の揺れ方や、灰色のオイルのような雨が降ったこと、震度3なのに全然揺れないなどといったことについて実感の持ちようがないのだが、福島原発からの間の都市をまたいだ都市の方が放射能の数値が高かったりすることがあることは確かにおかしいように思った。
 
 全体として面白く読んだが、今回の地震が人工的に引き起こされたものと仮定して、その犯人がデービット・ロックフェラーですっていうところに結び付ける部分の根拠が、この書籍では乏しかったかな。この本だけを読む人からすると、ロックフェラーは唐突すぎる。

 あと、ちょこっと著者の写真が写ってるんだけども、申し訳ないけど見た目が詐欺師(w 
ただ、その辺も含めて、なかなか味わい深いコンテンツであるので、今後もヲチし続けたいと思います。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

苫小牧のホッキ

 今年はよく日帰りか泊まりでなにがしかの食べ物を食べに行く機会が多く、今日は苫小牧にホッキを食べに行った。
 実は先月にも一度ホッキを食べに訪れているのだが、その際にちらっと見かけた「ホッキカレー」の看板に妻が食いつき、また今日も行くことになったのだ。

 http://h-machine.jp/marutoma/

 ↑の「マルトマ食堂」に行ってきた。

 北海道民以外、本州の方とか、ホッキってどうなんですかね?食べる機会あります?
 私が住む札幌市では、最近とみに「回転寿司」の店が増えており、「北海3点盛り」みたいなメニューの中に結構ホッキが入っているんですよ。ホタテの方が人気があるんだけど、最近ホッキの良さに気がついたんだな、これが。

 で、「マルトマ食堂」はどうだったかというと、ま、並んでいるわけですわ。
 俺はホッキカレーじゃなくて、海鮮丼みたいなのを食べたんだけど、やっぱホッキうめー。苫小牧はホッキがだんとつうめー。歯ごたえが独特。バター焼きも上手いけど、やっぱ生が一番かな。
 ホッキカレーはですね、少しだけ食したですけど、比較的甘口で食べやすかった。
 でもホッキの真髄を味わうには、カレーより生かな。

 今年は積丹のウニも食べたし(私はウニが苦手だが、やはり本場のは美味い)、海づくしだったなあ。
 ただ、海水には一度も触れていないけど。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

プロフェッショナル

 名古屋に、行きたい。
 落合の退任が発表されてから急にそう思った。
 元々中日ファンというわけでもなく、日本プロ野球をそれほど熱心に見ていたわけではない。野茂が、イチローが、松井秀喜がアメリカに行ってからはむしろ大リーグを楽しむようになっていた。
 2003年に中日ドラゴンズの監督に就任した落合は、補強と解雇を凍結し、「現有戦力を10%底上げすれば、優勝できる」と宣言した。キャンプ初日に紅白戦を行い、注目を集めた。しかし俺が本当の意味で「落合中日」に注目するようになったのは、就任1年目の開幕戦だ。
 先発川崎憲次郎である。
 川崎は肩の故障で3年間一軍で投げておらず、一時期インターネット上では心無いファンからオールスターの大量投票を受け辞退をするという目にもあっている投手である。それを開幕投手に抜擢した。
 「3年間苦しんだ男が日の目を見なければこのチームは変わらないと思った」というようなことを落合は何かのインタビューのときに言っていた。結局川崎はこの試合初回5点を失うが、チームは逆転勝ちし、中日は開幕3連勝をする。

 心無い世間はときに川崎を「給料泥棒」呼ばわりをする。
 だが落合には川崎の投げられない苦しみがわかっている。川崎は必死に投げていた。俺はこの起用に、世間で流布されている落合のイメージとは異なるものを見た。
 
 それから8年、落合と、落合率いる中日ドラゴンズをずっと追いかけていた。
 アライバコンビ(http://www.youtube.com/watch?v=9TXPELyb9_Q)、04年からの「ファイナルフォーメーション」による守備固め、05年、06年阪神との壮絶デットヒート、06年タイロンウッズの満塁ホームランの涙、
07年クライマックスシリーズの岩瀬、そして日本シリーズ、山本昌ノーヒットノーランなど・・・。

 そして今、退任が決まってからの中日ドラゴンズは、荒木・井端・森野・ブランコ・谷繁・岩瀬など、チームが一丸となってプレーをしているのが画面から伝わってくる。俺はそこに彼らの「気持ち」を見る。そしてきっと彼らは落合が辞めた後もプロであり続けると思う。野球が彼らの誇りだから。

 「契約書通り。この世界はそういう世界」

 プロとしての誇りを感じさせる落合の姿勢に、これからも俺は大いなる刺激を受け続けるだろう。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

原発の件

 さて原発の件であるが、多分99%の一般日本国民同様、3月11日の地震による福島第一原発の放射能漏れ事故の
ニュースは毎日固唾を呑んで見守り、メルトダウンやシーベルトといった言葉に怯え、テレビに齧りついていた大多数の国民と俺も同様である。
 2011年3月11日以前、大多数の日本国民同様、俺は原発のげの字も考えたことはない。
 斉藤和義が「ずっと嘘だっただね」と歌っても、俺はその嘘すら記憶にない。
 俺は北海道に在住しているが、北海道に原発があることすら震災の後に知った。
 それくらい私達日本人は、原発のことを知らなかった。だが、あんな怖い思いを「させられた」以上、考えないわけにはいかなくなったというのが今置かれている状況であると思う。

 俺は原発に関していくつかのインターネット上の意見を参考にしている。

①武田邦彦 http://takedanet.com/
 
 原発事故の報道がピークのときによく読んでいた。
 
〇「ただちに健康に影響はない」という政府見解を一貫して批判。
〇被爆限度を「一年1ミリシーベルト」という基準を、事故後に任意に変えた国を批判。
〇東京電力よりもむしろ、それを監督する機関である「原子力保安院」の他人事な姿勢を批判。
〇今後の原発については、現在の日本人にそれを維持する成熟度はないという見解。
〇耐震性については、地震によって壊れることのない設計することは可能との見解。

②リチャード・コシミズ http://richardkoshimizu.at.webry.info/

 地震後に知ったサイト。「小説9.11」は読了。「3.11同時多発人口地震テロ」は未読。
 
〇3.11の震災はユダヤ金融資本勢力により人口的に起こされたものであり、原発事故もフェイク。
〇放射能の影響については、現在のような低い数値では問題が発生することはなく、日本の産業衰退のために原子力を使えなくする陰謀。

③広瀬隆

〇浜岡原発超やばい。
〇原発全部超やばい。
〇責任者出て来い、全員切腹しろ。

④小林よしのり

 「国防論」の最終章において「原発と国防」にて今回の事故と原発について描写。
 最も客観的な立場で原発について述べており、全体として今のところ俺は一番賛同できる。核兵器を持つべきというのは極端な意見なようだが、原発が爆発することも他国の侵略を受けることも同じ「非日常的なリスク」と考えるならば、国防のために核兵器を持つというのは、地震に備えて原発の耐震を強化することと同じでは?

〇核兵器を持つことを前提として、即時に原発を廃止すべき。

 原発事故がほとんどの日本人にとって「想定外」であったことと同様に、他国が侵略してくるという歴史上も、今現在の世界においても「普通」のことが「想定外」になっている。
 怖すぎる想定外。
 防衛大臣が「私は防衛のシロウト」と言い、そのまま居座られる状況。

 原発と同様、いやそれ以上のことを俺も含めた多くの人が忘れていると思った。
 リチャード・コシミズについては、ちょっとまだよくわからない。そのうち著書を精読しようと思っているが、
今のところの印象としてはちょっと何でもかんでもユダヤ金融資本と結び付けるという印象。「3.11」を読んで正贋見極めようと思う。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ぼくのあたまのなかのアレ

 恥ずかしながら30まで生きてしまいました・・・、っつって自殺した作家がいたっけか?

 人生をいろいろと悩みながら生きてきたが、31になっても悩みは尽きない。
 ダラダラとありがちな仕事の悩みを書いても仕方ないので、おそらく同じような悩みを持っている人もいるであろう子供のことを書く。
 
 子供のことと言っても別に夜鳴きがうるさいとか、言うこと聞かないとか、勉強ができないとかそういったことではなく、逆に子供ができないとかそういったことでもなく(それはちょっとあるが)、人生の選択として、子供を持ちたいかどうかといった問題だ。

 実は妻がいるのだが、結婚して2年だが子供ができない。
 これは特段の理由はなく、別に避けているわけでもないが、猛烈に作っているわけでもない。周囲の人間になぜか一大ベビーブームが訪れ(妻の妹、俺のいとこ、妻の友人、妻の親戚など)、必然的に「なぜウチには」といった環境になり、その前に、昨年年初には妻は子宮頸がんを患っていた。
 妻は私の一個上なので、必然的に年齢的なリミットというものもある。
 ノーテンキな私は、「まー最近は40で産んでる人もいっぱいいるみたいだしだいじょうぶじゃねー?」とか思っていたんだが、そんなにノンキなもんじゃないらしいね。やっぱりリスクを考えると30代前半にはアレしたほうがいいらしい。

 まあ、我が家はまだ未知数である。できるかもしれないし、できないかもしれないという状況はまだ数年変わらないと思う。

 皆さん、子供、欲しいですか?
 
 女性の方は、欲しい人のほうが多いんだと思いますが、男性の方々はどうですか?
 ・・・ま、多いでしょうね。欲しい人のほうが。

 でも俺は、妻と二人きりの人生も悪くないと思っているんですよ。
 子供が居てもいいとは思っているし、妻は最近こそやせ我慢しているけど子供は欲しいに決まっている当たり前の女です。だから生まれるなれそれでもいい、幸せなことなんだと思うけど、俺が言いたいのはそれが「唯一」のことなのか?ということです。

 唯一なのは妻の方でしょう。
 そうであるから結婚したんだろうし、浮気もしないようになったわけだし。

 ここで話は急旋回するが、最近の喫煙者への迫害は一体筒井康隆の「最後の喫煙者」を具現化しているようだが一体どうなっておるのだ?

 一箱700円とかいったキチガイオバサンを誰かポアしてくれ。 

 なぜ急にこんな話をぶっこんだかというと、それは「正しいこと」とされていることがのさばることの無神経さへの反駁である。
 子供がいることが正しいわけでも、煙草を吸わないことが正しいわけでもないんだよ、ってことである。俺が言いたかったのは。

 そのままのきみでいいんだよ(copyright:ヘキサゴンのアホ)
 
 ってことだな。

 まあ俺がもっか最もよくわからないのが原発。
 信頼に足る、と思っている文筆家や作家、ブロガー等で、ものの見事に意見が割れており、「原発の危険性の過剰報道はユダヤの陰謀だから騙されるな」っていう勢力と、「全部嘘だったんだね」勢力両方の推移を観察しているが、ぜんぜんわからね。

 この件は重大なので、今度ページ割いて書きます。
 このブログは、政治、経済、本、音楽、仕事、人生といったことを、書きたいように書きたい順に書いていくブログになります。別名「ぼくのあたまのなかのピストル」です。もちろんピストルの中身はだだのアレですがね。
このページのトップへ
このページのトップへ